クレジットカードを現金化するメリット

クレジットカードを現金化すると言う事を知っている方は少ないのではないでしょうか。基本的にお金を借りる事が出来ない人が利用することが多いのです。お金を借りる事とは少し内容が違いますが、結果的に借金が出来ていしうのでお金を借りた事とさほど変わらないのです。

キャッシングなどでお金を借りると利息が付きますが、クレジットカードの現金化は利息が付かない代わりに手数料を取られるのです。手数料と言う名目ではありませんが結果的には一緒です。換金率と言う言い方をするのですが、例えば換金率が80%なら20%分が手数料になる訳です。

多重債務に苦しんでいる方などは、新たにキャッシングを申し込んでも審査には通らないでしょう。そんな方たちの為に、クレジットカードでショッピングをすると言う名目で現金を手に出来るシステムなのです。クレジットカードにもキャッシング出来るものとそうでないものがあります。信販会社の審査基準にもよりますが、キャッシングが出来ないカードの方が審査基準は緩いの借金がある方にとっては持ちやすいカードになっています。

消費者金融の支払いがお金がなくて出来ない人は、換金率が悪くても現金がほしいがためにクレジットカードで現金化をするのです。私も以前に経験したことがあり、換金率が60%とかなり悪かったのですが現金がほしいためにクレジットカードを使って現金化しました。後になって非常に後悔したことを覚えています。翌月には一括払いで信販会社から請求が来たからです。その時はどうしようも無い位にお金に困ってしまいました。

中には換金率が80%位ある優良店があるようですが珍しいと思います。数件の店を私も知っていますが、換金率が最大の店で70%位です。10万円の商品をカードで購入して手元に入るお金が8万円なので、よく考えると優良店と言ってもとんでもない手数料を支払っていることになります。クレジットカードで現金化をする際にはよく考えてから実行に移すべきではないでしょうか。信販会社への返済がある事を忘れてはいけないのです。

現金化の特徴やデメリットとは?【http://www.elizabethdanielny.com/

2016年10月6日

Posted In: カードの現金化